top of page

自分の踊りをよくしたい|読書で考え方を学ぶ

 

 稽古場のレッスンは何よりも大切ですが、そのレッスンをより楽しく、自己満足でいいから、自分の踊りをもっと豊かで深みのあるものにしたいと思い、どうしたらいいのかなと、考えてみたところ、その答えの一つに読書はとても『効く』と感じました。


 本の種類は何でもいいです。エッセイでもラノベでも文学でも。


 本というのは視点、物の考え方、見方の塊なんだなと思います。

 登場人物の考え方や感じ方、作家さんの景色や日常、心情などの切り抜き方、自分にはない感性に触れることで、とても新鮮な気持ちになります。


 そんな感覚でレッスンすると、いつものステップなのに違う感覚を見つけたりという発見があったりします。


 かといって、自分の踊りが先生や周りの方から『変わったね』『良くなったね』といわれるような大きな変化はありませんが、何よりも自分で見つける楽しさ、レッスンや踊りの奥深さが面白くてたまらないです。


 何よりも自分がレッスンを楽しめる方法を一つ発見したというのは、何にも変え難い宝ですよね


 

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

何事もチャレンジが0を1にする

シアターダンスでフラメンコをするとのことで始まったカスタネットの練習。 今回、初めて挑戦する方たちは、前回の練習では最擦りもしなかったのですが、今回は音がカチカチとなり始めてきました。 ムリだと思って何もしないと0のままですが、少しでも踏み出せば色々な可能性が広がってるんだと実感させられた瞬間でした

ジャズダンスでの手の表情

アイドルダンスは顔の近くに手がある振付が多く、顔の表情だけでなく、手の表情も大切ですよね。 バレエのレッスンでも指先の動き一つで情緒豊かな動きができますから、ジャズダンスでも自分の踊りにとりいれて、周りがあっと驚くような……というまでいかずとも、誰かに伝わるダンスができたらなぁと思います ジャズダンスは自由ですから、腕を大きく使ってもいいですし、アイドルダンスのように顔の周りで扱うのもいいですし、

イタ気持ちいいストレッチができるまで

体のかたい方は、ストレッチといっても痛みしか感じられず苦痛だけの方もいます。 体の使い方を頑張ってはみるものの、説明はわかるけれど動かない、どうしたらいいのか。 コロナの影響で運動不足の方が増えたので、レッスンでもストレッチ自体が苦手な方も少なくありません。 今回はまずは摩るところから。これで効果をすぐに感じてもらえた方もいれば、うーんと首をかしげる方も。 イタ気持ちいい伸びを感じるところまでいけ

Comments


bottom of page