top of page

表現力が豊かになる腕の動きの基本

 踊りになった途端、腕がロボットのようにカチコミになり、体にくっついてしまって、自分でもおかしいと思いながらも変な踊りになってしまい、『先生、ごめんなさい』と心の中で叫んでしまいます。


 そんなときは、体の動かし方の基本レッスンに戻り、体のクセをとるように、先生が指導してくださいました。


 自分ではやっているつもりでもダメ出しの連続。ですが、先生がとても時間をかけて根気よくなおしてくれまして(先生、ありがとうございます!)


 時間をかけて一つの動きを集中してレッスン出来たおかげで、一つの動きの中に様々なエッセンスが入っていることに気付かされました。


 新しい発見があっただけで上手くなった気分になります♪

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

何事もチャレンジが0を1にする

シアターダンスでフラメンコをするとのことで始まったカスタネットの練習。 今回、初めて挑戦する方たちは、前回の練習では最擦りもしなかったのですが、今回は音がカチカチとなり始めてきました。 ムリだと思って何もしないと0のままですが、少しでも踏み出せば色々な可能性が広がってるんだと実感させられた瞬間でした

ジャズダンスでの手の表情

アイドルダンスは顔の近くに手がある振付が多く、顔の表情だけでなく、手の表情も大切ですよね。 バレエのレッスンでも指先の動き一つで情緒豊かな動きができますから、ジャズダンスでも自分の踊りにとりいれて、周りがあっと驚くような……というまでいかずとも、誰かに伝わるダンスができたらなぁと思います ジャズダンスは自由ですから、腕を大きく使ってもいいですし、アイドルダンスのように顔の周りで扱うのもいいですし、

イタ気持ちいいストレッチができるまで

体のかたい方は、ストレッチといっても痛みしか感じられず苦痛だけの方もいます。 体の使い方を頑張ってはみるものの、説明はわかるけれど動かない、どうしたらいいのか。 コロナの影響で運動不足の方が増えたので、レッスンでもストレッチ自体が苦手な方も少なくありません。 今回はまずは摩るところから。これで効果をすぐに感じてもらえた方もいれば、うーんと首をかしげる方も。 イタ気持ちいい伸びを感じるところまでいけ

Comments


bottom of page