top of page

K-POPMusicでジャズダンス


 K-POPMusicでジャズダンスのコンビネーションを踊ってみました。


 K-POPは早くて歯切れのいいダンスなので、コロナで運動不足の環境の方には難しく感じるかもしれません。


 難しく感じる理由は、リズムがパチンと弾けるようなスピードを持っているところかなと思います。この弾けるような早いスピード感がワン動作でもハマるとちょっとらしく踊れます。


 あとは軽さやラフに崩したりすると、メリハリが出て今風な踊りになります。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

ダンスをかっこよく魅せる体づくり

ストレッチや筋トレも悪くはないけれど、『踊れる体』は、やっぱりレッスンでしか作れないと実感します。 ジャズダンスの基本レッスンは、バレエのテクニックを交えてジャズのリズムで体を動かしていきます。 レッスンでのプリエからインにして腕がつく基礎レッスンは、股関節も背中も胸も使って腕を動かすので物凄く体に効きます。 特別に上手くはないけれど舞台に立つと目立つというのは、やはり基本の体づくりにミソがありま

何事もチャレンジが0を1にする

シアターダンスでフラメンコをするとのことで始まったカスタネットの練習。 今回、初めて挑戦する方たちは、前回の練習では最擦りもしなかったのですが、今回は音がカチカチとなり始めてきました。 ムリだと思って何もしないと0のままですが、少しでも踏み出せば色々な可能性が広がってるんだと実感させられた瞬間でした

ジャズダンスでの手の表情

アイドルダンスは顔の近くに手がある振付が多く、顔の表情だけでなく、手の表情も大切ですよね。 バレエのレッスンでも指先の動き一つで情緒豊かな動きができますから、ジャズダンスでも自分の踊りにとりいれて、周りがあっと驚くような……というまでいかずとも、誰かに伝わるダンスができたらなぁと思います ジャズダンスは自由ですから、腕を大きく使ってもいいですし、アイドルダンスのように顔の周りで扱うのもいいですし、

Comments


bottom of page